やぶ萬HOME > 料理 > 季節のおすすめ料理
新プラン
新★ご当地グルメ誕生≪淡路島サクラマス≫を満喫あれ!島育ち春色らんまん【桜鍋】プラン

*** 新★ご当地グルメ【淡路島サクラマス】料理誕生まで ***

 

淡路島の新食材【淡路島サクラマス】こと「サクラマス」とは、
ヤマメが川から海で育つことによって銀化したもので、今や天然ものは幻と云われるほど稀少なもの。

 

その養殖が、温暖な淡路島にありながら海域の水温が低く、鳴門海峡の速い潮流という絶好の環境が揃う
福良湾にて2年程前より始まりました。

 

「淡路島3年とらふぐ」を育てた地元養殖家の高い技術と長年の経験により、
ついにこの春新ブランド食材誕生になりました!!!

 

さらに新食材の誕生を受けて、その魅力を知ってほしいと、
当館を含む地元の旅館やホテル、飲食店の料理人たちが試行錯誤の末、
「鍋」と「丼」の新メニューに挑み【淡路島サクラマス】新料理が誕生いたしました★

 

当館では【淡路島サクラマス】食材のお味の良さを
まずはシンプルな昆布&アラ出汁にて実感して頂き、
そのあとオリジナルの付だれ2種類にてお味の変化をお楽しみに頂ける

 

そんな「しゃぶしゃぶ鍋」にてご用意いたしました★

 

*******************************************************************************

付けだれは当館自慢の自家製ポン酢に
淡路島産玉ねぎペーストでアレンジした「たまポン」
           &
地味噌と玉ねぎペーストでアレンジした「味噌たまポン」!!
 
鍋の〆にはサクラマス握り&炙り寿司でご用意。
 
淡路島の春の海の幸&山の幸が盛りだくさんの
目にも口にも楽しい春色らんまんプランでございます◎

【お品書き】
 ・食前酒
 ・付出
 ・お造り(四種盛り)
 ・さくら鍋(淡路島サクラマスしゃぶしゃぶ鍋)
 ・あわび(土佐酢)
 ・蛸唐揚げ
 ・サクラマス握り寿司(炙り&握りの二貫)
 ・果物



このお料理のプランを見る
動画でご紹介
漁師の浜料理由来の豪快な「宝楽焼」
ミネラル豊富な鳴門海峡育ちの活きの良い鯛を使ったお料理「宝楽焼」。
お客様の目の前で、熱々のホウロク皿・石に地酒をまわしかけ、蒸気で仕上げをいたします。
ページの先頭へ
春のおすすめ料理

淡路島の春といえば、「桜鯛」の季節。

ミネラル豊富な漁場で育ち、鳴門海峡の激流にもまれて身の引き締まった旬魚「桜鯛」の

美味しい季節の幕開けでございます!!

【春季限定】当館おすすめ★淡路島ならではの春色食材「桜鯛」&「淡路牛」を堪能あれ!≪春の夢の箸≫DXプラン★

◇◇当館年間一番人気の【夢の箸】プランを春バージョンに贅沢アレンジ!!◇◇

 

    淡路島ならではの春色食材「桜鯛(鳴門鯛)」&「淡路牛」を、

        ゆっくり別個室で堪能なさって下さいませ◎

 

◆春バージョン・アレンジ内容

・「鯛めん」 ⇒ 「桜鯛めん」 に。

・「一人鍋」 ⇒ 「淡路牛唐板焼」 に。

・「海老天婦羅」 ⇒ 「蛸唐揚げ」 に。

・「釜 飯」 ⇒ 「桜鯛釜飯」or「桜鯛寿司」 のチョイス。

         ※どちらかご希望を「備考欄」にてご記入下さいませ。

 

 

◆ お品書き ◆

・前菜

・お造り(4種盛り)

・鯛めん(桜鯛)

・焼物

・淡路牛唐板焼

・あら焚き(鯛)

・酢物

・蛸唐揚げ

・桜鯛釜飯 or 桜鯛寿司 ※どちらかご希望を「備考欄」にご記入下さいませ。

・吸物

・フルーツ

 

※※注意事項:ボリュームが多いため、夕食には必ず空腹でいて下さいませ。



このお料理のプランを見る
淡路島の海の幸★鳴門海峡育ちの鯛を満喫あれ!鯛しゃぶコース★

*** 淡路島の春の味覚【桜鯛】***

ミネラル豊富な鳴門海峡でもまれた活きの良い鯛を満喫あれ!!!

そしてお楽しみは一品チョイス!!
「鯛釜飯」、「鯛茶漬け」、「鯛茶風そうめん」より、一品お選び下さいませ◎
■お品書き
 ・付出し 本日の付出し
 ・お造り 四種盛り
 ・温 物 茶碗蒸し
 ・大 鍋 鯛しゃぶ鍋
 ・酢 物 蒸しアワビ・土佐酢
 ・一品チョイス 鯛釜飯or 鯛茶漬け or 鯛茶風そうめん
 ・果 物 季節の果物
※ご予約時に、備考欄にてチョイスのお料理をご記入下さいませ。



このお料理のプランを見る
ページの先頭へ
ご予約
  • 宿泊プラン一覧・ご予約宿泊プラン一覧・ご予約
  • 空室検索空室検索
  • 料金表料金表
  • ご予約照会・キャンセルご予約照会・キャンセル
TEL:0799-52-0017TEL:0799-52-0017
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 周辺観光
  • お知らせ
  • ブログ
  • 若女将Facebook
PAGE TOP